おりものの臭いが気になる

生理前後や排卵期にはおりものの量が増えます。

 

そうなると、普段気にならなかったおりものの臭いが気になることがあります。

 

おりものは、なんでしょうか。

 

実は膣の持つ自浄作用のひとつで、子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合ったものです。

 

普段は透明か白っぽい感じで、ちょっとだけ粘り気があります。

 

無臭か、ちょっと酸っぱい臭いがします。

 

これは膣内にいる善玉菌「デーデルライン桿菌」のためで、そうした臭いはおりものが正常だという証です。

 

つまり、きちんと自浄作用が働いている、ということです。

 

「デーデルライン桿菌」は膣内を弱酸性保ち、膣内で雑菌が繁殖するのを防いでいます。

 

ちょっと酸っぱい臭いがするのは、膣内がきちんと弱酸性に保たれているためなのです。

 

膣の自浄作用に関してはこちらの記事で⇒え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?

おりものが魚くさっかたら、それは病気のしるしかも!?

体調不良やストレスで女性ホルモンが乱れてしまうことがあります。

 

そうなると、デーデルライン桿菌の数が減り、膣内で雑菌が繁殖してしまい、細菌性膣炎になってしまう可能性があるのです。

 

この時の雑菌は、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌といった一般的な細菌で誰でも持っているような細菌です。

 

細菌性膣炎になると、下腹の痛み、おりものの増加と、そのおりものから生臭い臭いとなります。

 

膣内が炎症を起こし、膿を出すためにおりものの量が増えるのです。

 

この時のおりものはかなり強い悪臭で、魚の生臭さに似た臭いです。

 

普段とあきらかに違うので、すぐにわかります。

 

軽度の場合もあり、そうなると痛みもあまり出ないので、治療が遅れてしまうこともあります。

 

ですので、おりものに異常を感じたら、すぐにクリニックを受診しましょう。

 

おりものの臭い

 

細菌性膣炎を起こすのは、普段は何でもない細菌です。

 

女性なら誰でもかかる可能性がある病気なのです。

 

ですが、自然治癒はないので、必ず専門医に診てもらいましょう。

 

細菌性膣炎に関してはこちらの記事を参考にしてください⇒デリケートゾーンが魚臭かったら、細菌性膣炎かも!?

おりものを正常に保つためにも普段からデリケートゾーンのケアをしましょう!

おりものは下着に着き汚れたりするので、面倒に思ってしまうかもしれません。

 

ですが、女性にとって自分の健康のバロメーターになるので、とても大事なものです。

 

異常を発見するためには、普段からデリケートゾーンをケアしておくことです。

 

毎日チェックしていれば、いち早く異常に気が付くことが出来ます。

 

またいつもデリケートゾーンを清潔にするように心がけましょう。

 

尿や、汗、おりもの、経血など、デリケートゾーンには雑菌が繁殖するために栄養が豊富です。

 

清潔を心がけることで、そうした雑菌の繁殖を防げます。

 

おりものの臭い

 

デリケートゾーンは、女性にとってとても大事な所です。

 

きちんとケアをして、健康な状態を保ちましょう!

 

デリケートゾーンの洗い方はこちらの記事を参考にしてください⇒デリケートゾーンの臭い対策、あなたの洗い方は大丈夫?


関連ページ

おりものの臭いを消すことが出来る石鹸ならこれ!
おりものの臭いをケアする石鹸とは、どんな石鹸なのでしょうか。おりものの臭いケアで大事なのは、デリケートゾーンを清潔に保つこと。そのためには専用石鹸を使うべきなのです。デリケートゾーンを清潔に保つことが出来て、おりものの臭いを消すことが出来る石鹸をご紹介します。
おりものの気になる臭いを消すには、デリケートゾーン専用石鹸
おりものの臭いを消すのにはデリケートゾーン用石鹸で洗います。おすすめの石鹸をご紹介します。それはジャムウ・ハーバルソープです。ジャムウ・ハーバルソープなら、泡でパックして洗うので、デリケートゾーンのお肌を傷めません。気になるおりものの臭いを消し、デリケートゾーンの臭いを消していきます。