デリケートゾーンの恥垢は臭いの元!? 恥垢は病気の元にも!

デリケートゾーンの恥垢は臭いの原因です。

 

きちんと毎日洗っていても、意外と洗えていないことがあります。

 

またデリケートゾーンをシャワーで洗い流すだけ、という方は特に注意が必要です。

 

パッと見はきれいに見えても、恥垢が残っている場合があります。

 

デリケートゾーンの恥垢は、臭いの原因になります。

 

ではどのあたりに恥垢は潜んでいるのでしょうか。

 

それはクリトリスの皮の部分(陰核包皮)、大陰唇と小陰唇の間、このあたりの、白い恥垢が残っていたりすることがあります。

 

そもそも恥垢とはなんでしょうか。

 

恥垢(ちこう)とは、尿やおりもの、バルトリン腺(愛液)などの分泌物が乾燥してデリケートゾーン周辺に固まった垢のことです。

 

この恥垢、きちんとケアをしておかないと、性器周辺に溜まってゆき、チーズに似た臭いがすることがあります。

 

恥垢には菌やカビ、そしてウイルスなどが増殖する可能性があるのです。

 

ですので、恥垢をそのままにいしておくと、カンジダなどの病気の原因にもなるので、注意が必要なのです。

 

恥垢をそのままにしておくのは、いいことはひとつもありません。

 

恥垢がたまる原因は、デリケートゾーンがきちんと洗えていない可能性があります。

 

デリケートゾーンの恥垢

デリケートゾーンは毎日洗って恥垢をしっかりと落としましょう!

デリケートゾーンはきちんと毎日洗う必要があります。

 

ですが、シャワーで洗い流すだけでは、恥垢が落ちていないことがあるのです。

 

石鹸を使ってしっかりと洗う必要があります。

 

その時に使う石鹸は、デリケートゾーン専用石鹸を使います。

 

アルカリ性の普通の石鹸や、刺激が強いボディソープを使うべきではありません。

 

デリケートゾーンと普通の石鹸に関してはこちら記事⇒デリケートゾーンは普通の石鹸で洗っても平気なの?

 

デリケートゾーンの恥垢を落とすのに最適な専用石鹸はジャムウ・ハーバルソープです。

 

お肌と同じ弱酸性で、低刺激、植物由来成分で作られて天然石鹸です。

 

この石鹸の特徴は、泡でパックをする、ということです。

 

まずしっかりと泡を立て、その泡を恥垢のたまる部分、クリトリスの皮(陰核包皮)、大陰唇と小陰唇の間にしっかりと塗ります。

 

3分間待って、後はぬるいお湯のシャワーで洗い流すだけです。

 

泡なので、細かい部分まで成分が染み込み、恥垢の元になる汚れを洗い流すことが出来ます。

 

配合されている特別なハーブ、ジャムウ・ハーブがデリケートゾーンを清潔に保ち、恥垢と共に気になる臭いを消していくのです。

 

ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちらから⇒98万個突破!ジャムウ・ハーバルソープ

 

ごしごしこする必要がないので、皮膚や粘膜を傷めません。

 

ジャムウ・ハーバルソープは天然石鹸なので、最初はちょっと泡立てにくいかもしれません。

 

ですが、泡立てネットを使えば、いい感じの泡を作ることが出来ます。

 

パックしている間に、シャンプーをすましてしまい、頭を流す時に一緒に洗い流してしまえばいいのです。

 

泡を立てるのに慣れてしまえば、たった3分で気になる恥垢を洗い流してしまうことが出来るのです。

 

泡を塗る場所は、デリケートゾーンの外側です。

 

膣の中まで塗ってはいけません。

 

膣には自浄作用があるので、それも一緒に洗い流してしまう可能性があるからです。

 

膣の自浄作用に関してはこちらの記事⇒え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?

 

塗るのは、先に書いた部分と陰毛の根本にもしっかりと泡を塗るようにしましょう。

 

洗い上りはとてもさっぱりします。

 

清潔なデリケートゾーンになれば、彼とのエッチの時も安心して彼に身を委ねることが出来ます。

 

ジャムウ・ハーバルソープで恥垢を洗い流して、清潔なデリケートゾーンを手に入れましょう!

 

ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちらから⇒98万個突破!ジャムウ・ハーバルソープ


関連ページ

どうしてデリケートゾーンが臭うの? 理由はこれ!?
デリケートゾーンの臭いの理由はなんでしょうか。どういう原因でデリケートゾーンは臭うのでしょうか。一番の大きな理由は、雑菌なのです。雑菌が原因で臭いが発生します。その雑菌はなにかの病気なのでしょうか。またあどうして雑菌が原因で臭いになるのでしょうか。
デリケートゾーンは洗い過ぎると臭いが悪化する?!
デリケートゾーンの臭う原因、それは洗い過ぎかもしれません。デリケートゾーンは清潔に保つ必要があります。だからといって、必要以上に洗い過ぎてしまうと、臭いを悪化させてしまうことがあるのです。それは何故でしょう。どうしたらよいのでしょう。
デリケートゾーンの臭いが出てしまう3つの習慣とは?!
デリケートゾーンの臭いを出してしまう3つの習慣があります。あなたは大丈夫ですか? もし彼とのセックスの時に、デリケートゾーンに臭いがあったら……。ふたりの関係が危ういものになってしまうかもしれません。そんなことにならないように、あなたのデリケートゾーンに関する習慣、きちんと見直してみてはいかがでしょうか。
デリケートゾーンの蒸れは臭いをひどくする?!
デリケートゾーンの蒸れは臭いを悪化させる原因です。でもデリケートゾーンはもともと蒸れやすい場所。蒸れると、どうして臭いが悪化するのでしょうか。どうしたら蒸れを解消することができるのでしょうか。
あなたもしてる? デリケートゾーンの臭いを悪化させる7つの日常習慣とは?!
デリケートゾーンの臭いを悪化させる日常習慣を7つ、ご紹介します。もしかしたら、あなたも知らず知らずのうちに、この習慣を行っているかもしれません。そうなると、気が付かないうちに、デリケートゾーンの臭いを悪化させているかもしれませんよ!
デリケートゾーンが臭い? それはあの病気かも!?
デリケートゾーンから普段と違う臭いがしたら、それは性病かもしれません。それはおりものの異常でわかります。おりものは健康のバロメーターなのです。ではおりものがいつもと違い、臭いがあるとどんな病気が考えられるのでしょうか。病気かどうか、郵送で検査してくれる病院もご紹介します。
あなたのデリケートゾーンの臭いはどこから? 場所別対処法
デリケートゾーンのどこが臭いますか?場所ごとにその原因は違うことがあります。その対処を間違えると、臭いを悪化させてしまうかも!? その臭い、もしかしたら、性病かもしれませんよ。そこで臭い別の対処法をご紹介します。
タンポンの入れっぱなしでデリケートゾーンが臭い!?
デリケートゾーンの臭い、タンポンの入れっぱなしが原因かもしれません。いれっぱなしのタンポンは、臭いの原因になるだけではありません。トキシックショック症候群(TSS)という病気を誘発してしまう可能性があるのです。そんなことにならないように、タンポンを使う時の注意点をご紹介します。
デリケートゾーンが魚臭かったら、細菌性膣炎かも!?
デリケートゾーンから魚の臭いがするようなら細菌性膣炎かもしれません。細菌性膣炎は感染症ではありません。ではいったいどのような病気なのでしょうか。なおすためには、どうしたらよいのでしょうか。予防の方法はあるのでしょうか。
デリケートゾーンの恥垢はどうして出来るの?
デリケートゾーンの恥垢はどうして出来るのでしょうか。また恥垢をそのままにしておいていいのでしょうか。恥垢をケアするのには、いったいどうしたらよいのでしょうか。その方法と、恥垢を簡単にケア出来るおすすめの石鹸をご紹介します。