デリケートゾーンの臭い対策には正しく洗うことが必要!

デリケートゾーンの臭い対策の洗い方をご紹介します。

 

デリケートゾーンの臭いの解消するには、デリケートゾーンを清潔に保つ必要があります。

 

ですが、いくらきれいにしなければと、刺激に強いボディソープやアルカリ性の石鹸で、ごしごし洗うのはもってのほかです。

 

デリケートゾーンは、その名の通りとてもデリケート。

 

皮膚も薄く、粘膜も多い場所です。

 

そのため、優しく洗う必要があります。

 

また、洗うのは外側で、膣の中までは洗う必用はありません。

 

ケアの定番の専用石鹸も、あくまでも外側を洗うためのものです。

 

それで膣内を洗ってはいけません。

 

それではデリケートゾーンはどのようい洗えばいいのでしょうか。

 

正しい洗い方をご紹介します。

 

araikata

デリケートゾーンは、こう洗いましょう! 正しい臭い対策の洗い方はこれ!

まずデリケートゾーンに直接ボディソープや石鹸を直接塗ってはいけません。

 

必ず石鹸を泡立てて、その泡で優しく洗う必要があります。

 

その時に使う石鹸は、デリケートゾーン専用のものを使う方がよいでしょう。

 

しっかりと泡を立てて、指の腹を使って丁寧に、そしてしっかりと洗う必要があります。

 

洗う順番は、陰毛、陰核、性器部分、会陰部分と洗っていき、最後に肛門を洗います。

 

陰核、そして大陰唇と小陰唇の間は、恥垢がたまりやすいので、よりしっかりと洗ってください。

 

また陰毛は引っ張るように洗い、抜ける毛は抜いてしまいましょう。

 

陰毛は汚れが残りやすいので、注意が必要です。

 

洗い終わったら、最後にシャワーで洗い流します。

 

熱いお湯は使わず、温めのお湯をつかいましょう。

 

最後に恥垢などがしっかりと落ちたか、確認しましょう。

 

ただこの時、膣の中まで洗う必用はありません。

 

膣の中には、デーデルライン桿菌という善玉菌がいて膣内を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を防いでいます。

 

これが膣の自浄作用と呼ばれるものです。

 

膣内を洗ってしまうと、この自浄作用を弱めてしまう恐れががあるのです。

 

ですので、洗うのは性器の外側だけを、きちんと洗いましょう。

 

araikata

デリケートゾーンの臭いの対策の正しい洗い方を習慣化させましょう!

面倒に思えるかもしれませんが、ここで手を抜くと臭いの元になります。

 

最初は面倒でも習慣化させれば、苦にならなくなります。

 

いつもケアすることで、もし病気になっても異常に早く気付けるようになります。

 

また、なにより臭いが気にならなくなれば、恋愛はもちろん何事にも積極的になることが出来ます。

 

きちんとしたケアをして、気になっていたデリケートゾーンの臭いの悩みを一刻も早く解消しましょう。

 

早く始めれば始めるほど、悩みが早く無くなります。

 

今すぐに始めましょう!

 

 

araikata


関連ページ

え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?
膣内は洗っては駄目、と言われます。デリケートゾーンの臭い対策には清潔が必要のはずです。何故膣は洗ってはいけなのでしょうか。その理由はなんでしょうか。また洗うとどうなってしまうのでしょうか。その理由と、膣の自浄作用についてご紹介します。
デリケートゾーンを洗うのにシャワーで流すだけできれいになる!?
デリケートゾーンはシャワーで洗い流すだけで、きれいになるのでしょうか。デリケートゾーンの汚れをきちんと落とさないと、臭いの元になります。その汚れ、シャワーで洗い流すだけで大丈夫なのでしょうか。
大事なところの洗い方とは? デリケートゾーンの正しい洗い方
大事なところ(デリケートゾーン)はどう洗えばいいのでしょうか。出産、妊娠と女性にとってとても大事な部分です。ただシャワーで流すだけでは汚れは落ちません。正しく、丁寧に、そして専用石鹸で洗う必要があります。そこで、大事なところ(デリケートゾーン)の正しい洗い方をご紹介します。
陰毛の洗い方に正しい洗い方ってあるの!?
陰毛の洗い方に正しい洗い方はあるのでしょうか。実はあるのです。陰毛をきちんと洗わないと、デリケートゾーンの臭いの原因になるのです。陰毛を正しい洗い方で、きちんとケアをしましょう。
膣内の洗い方ってあるの? そのケアの方法は?
膣内の洗い方は、どのようなものなのでしょうか。洗って大丈夫なのでしょうか。また、膣内はどのようなケアの方法があるのでしょうか。膣内のケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンは泡でパックして洗うってどういうこと!?
デリケートゾーンは泡でパックして洗います。アルカリ性の石鹸などで洗ってはいけません。顔は洗顔用石鹸んで洗うように、専用石鹸を使って、しっかりと泡を立てて、その泡でパックして洗います。その理由とおすすめの石鹸をご紹介します。
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらい?
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらいがいいのでしょうか。それは毎日です。でもデリケートゾーンを毎日洗って、洗いすぎにならないでしょうか。また毎日洗わないと、何か悪いことが起こるのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いや病気の元になる恥垢の洗い方
デリケートゾーンにたまった恥垢は、ただ臭いだけではありません。そのままにしておくと性感染症になる危険もあるのです。ですので、デリケートゾーンをきちんとケアして、清潔にしなければなりません。そのケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンを洗うと染みる?その原因は洗い方かも!?
デリケートゾーンを洗うと染みるのは、もしかしたら洗い方が間違っているのかもしれません。刺激と洗浄力の強いボディソープや、ナイロンタオルで洗ってはいませんか? またデリケートゾーンの皮膚は薄いので、優しく洗う必要もあります。染みないデリケートゾーンの洗い方をご紹介します。
陰毛を洗う時は普通の石鹸では駄目!?
陰毛を洗う石鹸は、洗浄力の強い石鹸やアルカリ性の石鹸は避けましょう。使うのはデリケートゾーン用石鹸。洗うポイントは根本です。陰毛には汚れがしっかりとついているので、丁寧に洗わなければなりません。でもどうして普通の石鹸では駄目なのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いの元になる恥垢の落とし方
恥垢を楽に落とす方法をご紹介します。恥垢はデリケートゾーンの臭いの元です。シャワーで洗い流すだけでは、この恥垢、落とすことができません。その恥垢をこすらずに落とすことが出来る石鹸をご紹介します。それはジャムウ・ソープです。特別なハーブで、恥垢を落とし臭いを消していきます。