大事なところの洗い方はどうすればいいのでしょうか? 正しい洗い方はあるのでしょうか。

デリケートゾーンは女性にとって大事なところです。

 

妊娠、出産と、女性の人生に大きく関わってきます。

 

きちんと洗って、ケアが必要です。

 

デリケートゾーン、大事なところの洗い方をご紹介します。

 

毎日お風呂に入って身体を洗うと思います。

 

その時、大事なところ、デリケートゾーンをきちんと洗っていますか?

 

中にはシャワーで洗い流すだけ、という人もいるでしょう。

 

それでは大事なところの汚れが落ちていないことがあるのです。

 

特に陰核(クリトリス)包皮、大陰唇と小陰唇の間など、デリケートゾーンは複雑な形をしています。

 

そこに恥垢という、白い垢がたまります。

 

それが臭い、ひいては病気の原因となります。

 

汚れがあると、それを栄養にして雑菌が繁殖し、臭いになります。

 

もともとデリケートゾーンは、おりもの、経血、尿、汗など、汚れのもとになるものが多い場所です。

 

またいつも下着に覆われ、さらにストッキングを履くことも覆いので、蒸れやすくなっています。

 

汚れという栄養があり、さらに蒸れることで雑菌にとっては、とても快適な環境になってしまうのです。

 

その結果が臭いなどの、大事なところのトラブルになります。

 

それを避けるためには、清潔を保ち、雑菌の繁殖を防がなければなりません。

 

大事なところの洗い方

大事なところの正しい洗い方はこれ! デリケートゾーンはこうやって洗いましょう!

清潔を保つことが必要といっても、ボディスポンジでごしごし洗ったり、アルカリ性の石鹸、刺激と洗浄力の強いボディソープで洗ってはいけません。

 

デリケートゾーンは、先にも書いた通りとても大事なところです。

 

優しく、そして丁寧に洗う必要があります。

 

また使う石鹸も、デリケートゾーンを洗う用に作られた、専用石鹸を使うべきなのです。

 

その洗い方にも順番があります。

 

前から順に洗っていきます。

 

陰毛 根本をしっかりと洗い、抜ける毛は抜いてしまいます。
陰核(クリトリス) 出来るなら皮を剥いて洗います。
性器部分(ヴァギナ 大陰唇と小陰唇の間に恥垢がたまっていないか確認して洗います。
会陰部分 傷つけないように注意して洗います。
肛門 丁寧に、しかししっかりと洗います。

 

爪で傷つけないように注意して、洗うのは指の腹を使います。

 

膣の中までは洗う必要はありません。

 

膣には自浄作用があり、洗ってしまうと、その自浄作用までも洗い流してしまう恐れがあるのです。

 

大事なところの洗い方

大事なところの洗うにはデリケートゾーン専用石鹸で洗いましょう!

この時に使う石鹸はどういうものを使えばいいのでしょうか。

 

もともと肌は弱酸性です。

 

そこをアルカリ性の石鹸で洗うと、皮膚にいる善玉菌までも洗い落してしまいます。

 

デリケートゾーンと呼ばれるだけあり、大事なところは、とてもデリケートなのです。

 

市販のバディソープでは刺激が強すぎて、大事なところの皮膚を傷めてしまう可能性があります。

 

デリケートゾーンを洗うには、弱酸性で低刺激、そして混ぜ物がない、専用石鹸で洗うべきなのです。

 

初めてのデリケートゾーン用石鹸でおすすめするのは『コラージュ石鹸フルフル』です。

 

大事なところの洗い方

 

『コラージュ石鹸フルフル』の詳細・購入はこちら(公式ページへ)⇒持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸

 

大事なところの洗い方

 

低刺激、弱酸性、無香料、無色素なので、デリケートゾーンに安心して使えます。

 

おすすめする理由は、3つです。

 

  1. ポンプタイプ
  2. 泡で洗う
  3. 詰め替えることが出来る

 

ポンプをプッシュして、泡を出し、その泡で洗うだけです。

 

ですので、泡を立てる必要がなく、簡単にデリケートゾーンを洗うことが出来ます。

 

まず泡をデリケートゾーン全体につけ、指の腹で洗えばいいのです。

 

難しいことはありません。

 

後はシャワーで洗い流すだけ。

 

これでデリケートゾーンを清潔に保てます。

 

大事なところの洗い方

 

女性にとってデリケートゾーンはとても大事なところです。

 

その大事なところは、正しく洗わなければなりません。

 

きちっとケアすることで、女性としての健康を保つことが出来ます。

 

『コラージュ石鹸フルフル』の詳細・購入はこちら(公式ページへ)⇒持田ヘルスケア コラージュフルフル泡石鹸


関連ページ

デリケートゾーンの臭い対策、あなたの洗い方は大丈夫?
デリケートゾーンはきちんと洗っていますか? 洗い方を間違えると、臭いの解消どころか、その臭いの悪化させ、さらなるトラブルの元になりかねません。デリケートゾーンは、正しい順番、正しい洗い方をしなければなりません。きちんとデリケートゾーンのケアになる洗い方をご紹介します。
え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?
膣内は洗っては駄目、と言われます。デリケートゾーンの臭い対策には清潔が必要のはずです。何故膣は洗ってはいけなのでしょうか。その理由はなんでしょうか。また洗うとどうなってしまうのでしょうか。その理由と、膣の自浄作用についてご紹介します。
デリケートゾーンを洗うのにシャワーで流すだけできれいになる!?
デリケートゾーンはシャワーで洗い流すだけで、きれいになるのでしょうか。デリケートゾーンの汚れをきちんと落とさないと、臭いの元になります。その汚れ、シャワーで洗い流すだけで大丈夫なのでしょうか。
陰毛の洗い方に正しい洗い方ってあるの!?
陰毛の洗い方に正しい洗い方はあるのでしょうか。実はあるのです。陰毛をきちんと洗わないと、デリケートゾーンの臭いの原因になるのです。陰毛を正しい洗い方で、きちんとケアをしましょう。
膣内の洗い方ってあるの? そのケアの方法は?
膣内の洗い方は、どのようなものなのでしょうか。洗って大丈夫なのでしょうか。また、膣内はどのようなケアの方法があるのでしょうか。膣内のケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンは泡でパックして洗うってどういうこと!?
デリケートゾーンは泡でパックして洗います。アルカリ性の石鹸などで洗ってはいけません。顔は洗顔用石鹸んで洗うように、専用石鹸を使って、しっかりと泡を立てて、その泡でパックして洗います。その理由とおすすめの石鹸をご紹介します。
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらい?
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらいがいいのでしょうか。それは毎日です。でもデリケートゾーンを毎日洗って、洗いすぎにならないでしょうか。また毎日洗わないと、何か悪いことが起こるのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いや病気の元になる恥垢の洗い方
デリケートゾーンにたまった恥垢は、ただ臭いだけではありません。そのままにしておくと性感染症になる危険もあるのです。ですので、デリケートゾーンをきちんとケアして、清潔にしなければなりません。そのケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンを洗うと染みる?その原因は洗い方かも!?
デリケートゾーンを洗うと染みるのは、もしかしたら洗い方が間違っているのかもしれません。刺激と洗浄力の強いボディソープや、ナイロンタオルで洗ってはいませんか? またデリケートゾーンの皮膚は薄いので、優しく洗う必要もあります。染みないデリケートゾーンの洗い方をご紹介します。
陰毛を洗う時は普通の石鹸では駄目!?
陰毛を洗う石鹸は、洗浄力の強い石鹸やアルカリ性の石鹸は避けましょう。使うのはデリケートゾーン用石鹸。洗うポイントは根本です。陰毛には汚れがしっかりとついているので、丁寧に洗わなければなりません。でもどうして普通の石鹸では駄目なのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いの元になる恥垢の落とし方
恥垢を楽に落とす方法をご紹介します。恥垢はデリケートゾーンの臭いの元です。シャワーで洗い流すだけでは、この恥垢、落とすことができません。その恥垢をこすらずに落とすことが出来る石鹸をご紹介します。それはジャムウ・ソープです。特別なハーブで、恥垢を落とし臭いを消していきます。