恥垢は、デリケートゾーンの臭いと病気の元なのです!

きちんと洗っているつもりでも、デリケートゾーンには恥垢(ちこう)が残っていることがあります。

 

この恥垢、臭いだけではなく、そのままにしておくと病気の原因にもなりかねないのです。

 

デリケートゾーンをケアして、きちんと恥垢を洗わないといけません。

 

恥垢について、そして恥垢をきれにするにはどうしたらよいかをご紹介します。

 

デリケートゾーンの恥垢はそのままにしておくと性感染症になる!?

恥垢とは、その名の通りデリケートゾーンに溜まる垢です。

 

恥垢は尿や、おりもの、バルトリン腺(愛液)などの分泌物が乾燥して出来ます。

 

白色か、薄い黄色で、粘度状のものです。

 

この恥垢がたまりやすいのは、クリトリスの皮の部分(陰核包皮)、大陰唇と小陰唇の間です。

 

デリケートゾーンを洗っているつもりでも、この部分をきちんと洗っていないと、知らない間に恥垢がたまってしまうのです。

 

この恥垢は雑菌や、カビ、そして一部のウイルスにとっては最高の栄養です。

 

ウイルスによる炎症や、カンジダなど、そのほか性感染症の温床となります。

 

恥垢が残っていると、ただ臭いだけではなくとても危険なのです。

 

恥垢のケアの方法

デリケートゾーンの恥垢をケアは毎日行いましょう!

恥垢のある部分は皮膚も薄く、粘膜も多く、敏感は場所です。

 

いくらきれいにしようと、ごしごし洗ってはいけません。

 

また使う石鹸も普通のアルカリ性の石鹸や、刺激の強いボディソープを使うのはおすすめしません。

 

もともと肌は弱酸性で、それをアルカリ性の石鹸で洗ってしまうと、肌にいる善玉菌を洗い流してしまいます。

 

そうなると、アルカリ性の好きな悪玉菌の繁殖を許してしまうのです。

 

そうならないためには、お肌と同じ弱酸性、そして粘膜などを傷めない低刺激のデリケートゾーン専用石鹸で洗うべきなのです。

 

そして、ごしごし洗わなくても汚れを落とせる石鹸がベストです。

 

そうした洗い方ができるのは、ジャムウ・ハーバルソープです。

 



ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちらです⇒累計販売98万個突破! "ジャムウ・ハーバルソープ"!品質にこだわったハーブ石鹸。

 

ジャムウ・ハーバルソープは弱酸性、低刺激、植物成分で作られて自然派の天然石鹸。

 

その一番の特徴は、直接洗うのではなく、泡でデリケートゾーンをパックするのです。

 

まずは泡をしっかりと立て、その泡をデリケートゾーン、特にクリトリスの周囲と、大陰唇と小陰唇の間、陰毛の根本にはしっかりと塗ります。

 

そのまま3分間パック。

 

そして最後は、温めのシャワーで洗い流すだけです。 

 

パックをするだけなので、デリケートゾーンを傷めません。

 

安心してデリケートゾーンに使える石鹸なのです。

 

ただ天然石鹸なので、普通の石鹸のつもりで使うと泡たちがあまりよくありません。

 

ですが泡たちネットを使えば大丈夫です。

 

すぐに慣れて、いい感じの泡を作れるようになります。

 

恥垢のケアの方法

 

ジャムウ・ハーバルソープのたった3分間のパックで、恥垢や他のデリケートゾーンの汚れを落とし、清潔にすることが出来ます。

 

デリケートゾーンは、洗顔をするように毎日きちんとケアをしましょう。

 

恥垢が元の臭いや、病気を防ぐだけでなく、それは、女性としてのエチケットなのです。

 

ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちらから⇒98万個突破!ジャムウ・ハーバルソープ


関連ページ

デリケートゾーンの臭い対策、あなたの洗い方は大丈夫?
デリケートゾーンはきちんと洗っていますか? 洗い方を間違えると、臭いの解消どころか、その臭いの悪化させ、さらなるトラブルの元になりかねません。デリケートゾーンは、正しい順番、正しい洗い方をしなければなりません。きちんとデリケートゾーンのケアになる洗い方をご紹介します。
え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?
膣内は洗っては駄目、と言われます。デリケートゾーンの臭い対策には清潔が必要のはずです。何故膣は洗ってはいけなのでしょうか。その理由はなんでしょうか。また洗うとどうなってしまうのでしょうか。その理由と、膣の自浄作用についてご紹介します。
デリケートゾーンを洗うのにシャワーで流すだけできれいになる!?
デリケートゾーンはシャワーで洗い流すだけで、きれいになるのでしょうか。デリケートゾーンの汚れをきちんと落とさないと、臭いの元になります。その汚れ、シャワーで洗い流すだけで大丈夫なのでしょうか。
大事なところの洗い方とは? デリケートゾーンの正しい洗い方
大事なところ(デリケートゾーン)はどう洗えばいいのでしょうか。出産、妊娠と女性にとってとても大事な部分です。ただシャワーで流すだけでは汚れは落ちません。正しく、丁寧に、そして専用石鹸で洗う必要があります。そこで、大事なところ(デリケートゾーン)の正しい洗い方をご紹介します。
陰毛の洗い方に正しい洗い方ってあるの!?
陰毛の洗い方に正しい洗い方はあるのでしょうか。実はあるのです。陰毛をきちんと洗わないと、デリケートゾーンの臭いの原因になるのです。陰毛を正しい洗い方で、きちんとケアをしましょう。
膣内の洗い方ってあるの? そのケアの方法は?
膣内の洗い方は、どのようなものなのでしょうか。洗って大丈夫なのでしょうか。また、膣内はどのようなケアの方法があるのでしょうか。膣内のケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンは泡でパックして洗うってどういうこと!?
デリケートゾーンは泡でパックして洗います。アルカリ性の石鹸などで洗ってはいけません。顔は洗顔用石鹸んで洗うように、専用石鹸を使って、しっかりと泡を立てて、その泡でパックして洗います。その理由とおすすめの石鹸をご紹介します。
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらい?
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらいがいいのでしょうか。それは毎日です。でもデリケートゾーンを毎日洗って、洗いすぎにならないでしょうか。また毎日洗わないと、何か悪いことが起こるのでしょうか。
デリケートゾーンを洗うと染みる?その原因は洗い方かも!?
デリケートゾーンを洗うと染みるのは、もしかしたら洗い方が間違っているのかもしれません。刺激と洗浄力の強いボディソープや、ナイロンタオルで洗ってはいませんか? またデリケートゾーンの皮膚は薄いので、優しく洗う必要もあります。染みないデリケートゾーンの洗い方をご紹介します。
陰毛を洗う時は普通の石鹸では駄目!?
陰毛を洗う石鹸は、洗浄力の強い石鹸やアルカリ性の石鹸は避けましょう。使うのはデリケートゾーン用石鹸。洗うポイントは根本です。陰毛には汚れがしっかりとついているので、丁寧に洗わなければなりません。でもどうして普通の石鹸では駄目なのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いの元になる恥垢の落とし方
恥垢を楽に落とす方法をご紹介します。恥垢はデリケートゾーンの臭いの元です。シャワーで洗い流すだけでは、この恥垢、落とすことができません。その恥垢をこすらずに落とすことが出来る石鹸をご紹介します。それはジャムウ・ソープです。特別なハーブで、恥垢を落とし臭いを消していきます。