恥垢をきちんと落とさないと、デリケートゾーンの臭いの元になります!

恥垢は、デリケートゾーンの臭いの原因になります。

 

その恥垢の落とし方をご紹介します。

 

洗っているつもりでも、デリケートゾーンの汚れは意外と落ちていないものです。

 

クリトリスの皮の部分(陰核包皮)、大陰唇と小陰唇の間には、恥垢が残っていることがあります。

 

特にシャワーで洗い流すだけ、という方は注意が必要です。

 

恥垢を落とす

 

この恥垢は、雑菌のとてもいい栄養になります。

 

ですので、恥垢はきちと落とさなければなりません。

 

大陰唇と小陰唇の間は指の腹で丁寧に洗えば、恥垢を落とすことが出来ます。

 

ですが、クリトリスの皮の部分、ここはある程度剥いて洗う必要があります。

 

クリトリスの皮の部分、陰核包皮には恥垢がたまりやすいのです。

 

でも痛い時もあり、敏感な部分だけにあまり強くこくることは出来ません。

 

皮を剥くのも、ちょっと抵抗があります。

 

ではどうしたらいいのでしょうか。

 

おすすめしたいのが、ジャムウ・ハーバルというデリケートゾーン専用石鹸です。

 




累計販売98万個突破! "ジャムウ・ハーバルソープ"!品質にこだわったハーブ石鹸。

 

この石鹸の大きな特徴は、直接洗うのではなく、まずは泡を立て、その泡でデリケートゾーンをパックします。

 

その時間は3分間。

 

その3分の間に、泡に含まれているジャムウという特別なハーブが、気になる汚れを落としてくれるのです。

 

泡が浸透するので、クリトリスの皮を剥く必要がありません。

 

この石鹸で、恥垢を落とすためのポイントはふたつ。

 

  1. しっかりたした泡を作る。
  2. その泡を恥垢がありそなところにしっかりと塗る。

 

これだけです。

 

後は3分待って、ぬるま湯のシャワーで洗い流すだけです。

こすらずに恥垢を落とす石鹸『ジャムウ・ハーバルソープ』

でも、気になるのは石鹸で洗ってしみたりしないか、ということです。

 

ジャムウ・ハーバルソープは、植物素材で作られた自然派の天然石鹸。

 

お肌と同じ弱酸性、そして低刺激です。

 

敏感な場所に使用しても、しみたりすることはありません。

 

そして泡でパックするだけなので、お肌に過剰な刺激を与えたり、傷つけたりするこがないのです。

 

デリケートゾーンを洗うために作られた石鹸なので、安心して使うことが出来るのです。

 

もちろん、香料や着色料などの気になる成分は一切入っていない無添加石鹸です。

 

この石鹸ならば、無理にクリトリスの皮を剥かなくても清潔を保つことが出来ます。

 

そして使い続けることで、デリケートゾーンの気になる臭いを消していくのです。

 

恥垢を落とす

 

洗顔に洗顔石鹸を使うように、デリケートゾーンにはデリケートゾーン専用石鹸を使ってケアをしましょう。

 

刺激がないこの石鹸なら、毎日洗うことが出来ます。

 

そうすることで、デリケートゾーンをいつも清潔な状態に保つことが出来るのです。

 

ジャムウ・ハーバルソープの詳細・購入はこちらから⇒98万個突破!ジャムウ・ハーバルソープ


関連ページ

デリケートゾーンの臭い対策、あなたの洗い方は大丈夫?
デリケートゾーンはきちんと洗っていますか? 洗い方を間違えると、臭いの解消どころか、その臭いの悪化させ、さらなるトラブルの元になりかねません。デリケートゾーンは、正しい順番、正しい洗い方をしなければなりません。きちんとデリケートゾーンのケアになる洗い方をご紹介します。
え? 膣内は洗っては駄目なの!? 膣の自浄作用とは?
膣内は洗っては駄目、と言われます。デリケートゾーンの臭い対策には清潔が必要のはずです。何故膣は洗ってはいけなのでしょうか。その理由はなんでしょうか。また洗うとどうなってしまうのでしょうか。その理由と、膣の自浄作用についてご紹介します。
デリケートゾーンを洗うのにシャワーで流すだけできれいになる!?
デリケートゾーンはシャワーで洗い流すだけで、きれいになるのでしょうか。デリケートゾーンの汚れをきちんと落とさないと、臭いの元になります。その汚れ、シャワーで洗い流すだけで大丈夫なのでしょうか。
大事なところの洗い方とは? デリケートゾーンの正しい洗い方
大事なところ(デリケートゾーン)はどう洗えばいいのでしょうか。出産、妊娠と女性にとってとても大事な部分です。ただシャワーで流すだけでは汚れは落ちません。正しく、丁寧に、そして専用石鹸で洗う必要があります。そこで、大事なところ(デリケートゾーン)の正しい洗い方をご紹介します。
陰毛の洗い方に正しい洗い方ってあるの!?
陰毛の洗い方に正しい洗い方はあるのでしょうか。実はあるのです。陰毛をきちんと洗わないと、デリケートゾーンの臭いの原因になるのです。陰毛を正しい洗い方で、きちんとケアをしましょう。
膣内の洗い方ってあるの? そのケアの方法は?
膣内の洗い方は、どのようなものなのでしょうか。洗って大丈夫なのでしょうか。また、膣内はどのようなケアの方法があるのでしょうか。膣内のケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンは泡でパックして洗うってどういうこと!?
デリケートゾーンは泡でパックして洗います。アルカリ性の石鹸などで洗ってはいけません。顔は洗顔用石鹸んで洗うように、専用石鹸を使って、しっかりと泡を立てて、その泡でパックして洗います。その理由とおすすめの石鹸をご紹介します。
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらい?
デリケートゾーンを洗う頻度はどのくらいがいいのでしょうか。それは毎日です。でもデリケートゾーンを毎日洗って、洗いすぎにならないでしょうか。また毎日洗わないと、何か悪いことが起こるのでしょうか。
デリケートゾーンの臭いや病気の元になる恥垢の洗い方
デリケートゾーンにたまった恥垢は、ただ臭いだけではありません。そのままにしておくと性感染症になる危険もあるのです。ですので、デリケートゾーンをきちんとケアして、清潔にしなければなりません。そのケアの方法をご紹介します。
デリケートゾーンを洗うと染みる?その原因は洗い方かも!?
デリケートゾーンを洗うと染みるのは、もしかしたら洗い方が間違っているのかもしれません。刺激と洗浄力の強いボディソープや、ナイロンタオルで洗ってはいませんか? またデリケートゾーンの皮膚は薄いので、優しく洗う必要もあります。染みないデリケートゾーンの洗い方をご紹介します。
陰毛を洗う時は普通の石鹸では駄目!?
陰毛を洗う石鹸は、洗浄力の強い石鹸やアルカリ性の石鹸は避けましょう。使うのはデリケートゾーン用石鹸。洗うポイントは根本です。陰毛には汚れがしっかりとついているので、丁寧に洗わなければなりません。でもどうして普通の石鹸では駄目なのでしょうか。