生理の臭いを消すデリケートゾーンのケアの方法は?!

生理の臭いの原因は雑菌の繁殖です。

 

ですので、生理の時の臭い対策のポイントは、どう雑菌の繁殖を抑えるか、ということにつきます。

 

そのためのポイントはふたつです。

 

  1. デリケートゾーンの蒸れを防ぐ
  2. デリケートゾーンの清潔を保つ

 

このふたつに気をつけることで、生理の時の臭いを軽減させることが出来ます。

 

生理の臭いのケア方法

生理の時の臭いを防ぐ! デリケートゾーンの蒸れを防ぐ

普段からデリケートゾーンはなにかと蒸れやすい場所です。

 

いつも下着に覆われ、その形も複雑です。

 

そこの生理の時はナプキンをつけます。

 

さらに蒸れて、高温多湿な状態になります。

 

この状態は、雑菌にとってとても快適な環境なのです。

 

経血が出た直後は、臭いはほとんどありません。

 

ですが、空気に触れることで酸化が始まり、そこに雑菌が繁殖し、臭いが発生します。

 

それを防ぐ為には、ナプキンを定期的に交換しましょう。

 

交換は2時間から3時間ごとに交換するのが理想的です。

 

経血が臭いを出すようになるのは、だいたいそのぐらいの時間がかかります。

 

そのため、臭いが出る前にナプキンを変えればいいのです。

 

ナプキンのつけっぱなしは臭いを悪化させる元です。

 

まめに交換することで、デリケートゾーンを空気に触れさせ、蒸れを防ぐことが出来ます。

 

また生理の時には、なるべく締め付けの緩い服を着るようにしましょう。

 

タイトなジーンズなどはさけ、通気性のよいゆとりのある服を着るように心がけましょう。

 

出来る限り、デリケートゾーンを蒸らさないようにしましょう。

 

生理の臭いのケア方法

生理の時の臭いを防ぐ! デリケートゾーンを清潔に保つ

雑菌が繁殖するためには栄養が必要です。

 

その栄養となるのは、経血、汗、尿などです。

 

そうした栄養となるものを無くせば、雑菌の繁殖を抑えることが出来ます。

 

そのためにはデリケートゾーンを清潔に保つ必要があります。

 

普段はデリケートゾーン専用ウエットティッシュで拭いたり、ウォシュレットについているビデで洗うとよいでしょう。

 

ただこの時に気をつけたいのは、ウォシュレットについているビデはあくまでも外側を洗うためのものです。

 

膣の中は洗ってはいけません。

 

デリケートゾーンは毎日お風呂で洗うことになると思いますが、この時にはいくつかの注意点があります。

 

デリケートゾーンの清潔が大事だからと、刺激や洗浄力が強いボディソープや、アルカリ性の石鹸を使って、ゴシゴシと洗うのはやってはいけません。

 

デリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートな部分です。

 

皮膚も薄く、粘膜も多い敏感な場所、そこをごしごし洗ってしまうと、お肌の持つ自浄作用までも洗い流してしまい雑菌の繁殖を助け、臭いを悪化させてしまいます。

 

また生理中は特にデリケートになります。

 

デリケートゾーンを洗う時は、デリケートゾーン専用の石鹸を使い、優しく洗う必要があるのです

 

デリケートゾーン専用石鹸についてはこちらの記事で⇒ネットで評判! デリケートゾーンをきれいにしてくれる専用石鹸はこれで決まり!!

 

デリケートゾーンの清潔は必要ですが、洗い過ぎは臭うを悪化させる元です。

 

この時には、膣の中まで洗ってはいけません。

 

いくらデリケートゾーン専用石鹸とはいえ、あくまでも外側を洗うのものです。

 

生理の終わりかけには、膣の洗浄は臭う対策になりますが、専用の使い捨てビデなどを使うようにしましょう。

 

生理の臭いのケア方法

 

生理の時の臭い対策をきちんとすることで、気になる臭いを軽減することが出来ます。

 

面倒がらず、ナプキンをまめに変えることで、蒸れを防ぎ、またデリケートゾーンを普段から清潔を心がけましょう。


関連ページ

生理の終わりかけの茶色い血はどうして臭いの? その原因はこれ!
生理の終わりかけに出てくる茶色い血が臭い時があります。それが生理の終わりかけの臭いです。どうして生理の終わりかけの血は臭いのでしょうか。何故、茶色くなるのでしょうか。ではどうケアしたら、その臭いを無くすことができるのでしょうか。
生理の時に臭う理由はこれだった!?
生理の時の臭い、その原因はなんでしょうか。生理の時はどうしても憂鬱な時期。臭いが気になると、さらに気持ちが沈んでしまいます。どうして生理の時は臭うのでしょう。その臭い、場合によっては病気の可能性もあるのです。では臭うワケを解説します。
生理の時の臭いが気になる時に使う石鹸はこれ!
生理の時に臭いのケアに大事なのは、デリケートゾーンを清潔に保つことです。ですが、洗浄力や刺激の強いボディソープやアルカリ性の石鹸で、デリケートゾーンを洗ってはいけません。その理由は?! では生理の時には何でデリケートゾーンを洗えばいいのでしょうか。生理の時の臭いが気になる時に使う石鹸をご紹介します。
生理の終わりかけの茶色い血の臭いのケアの方法はこれ!
生理の終わりかけの茶色い血は、経血が酸化したものです。これが臭いの元となります。さらにデリケートゾーンがナプキンなどで蒸れることで、臭いが強くなります。ではどのようなケアをしたら、生理の終わりかけの臭いを消すことができるのでしょうか。
生理の臭いを消す方法 3つをご紹介します!
生理の臭いを消す方法をご紹介します。生理の臭いの元は、経血を栄養として繁殖する雑菌です。それを防ぐためには、デリケートゾーンを清潔に保つことが大事です。そのためのは三つの方法があります。その三つの方法とはどんな方法でしょうか。
生理の時に使う石鹸を間違えると臭いの原因に!?
生理の時に使う石鹸は、デリケートゾーン専用石鹸を使いましょう。刺激の強いボディソープや、アルカリ性の石鹸では、お肌をデリケートゾーンのお肌を傷めてしまい、生理の時の臭いを悪化させてしまうかもしれません。生理の時は普段よりデリケートゾーンが汚れがち。専用石鹸で清潔を保ちましょう。